不動産

マンション経営は優良投資|資産を増やす方法

マンションの管理会社では

家

マンション管理会社はマンションの管理組合から委託を受けてマンションの管理に関する収入や支出、マンションの維持管理、又は修繕に関する企画や実施の調整などの事務を行うことを業とするものを言います。これを行うには国土交通省の登録を行う際に事務所ごとに30管理組合ごとに1人以上の成年者の専任の管理業務主任者を置かなければならないことになっています。但し居住部分が5以下の場合はこれを置く必要がありません。マンション管理会社ランキングというのがサイトでは見られ多くの物件を受け持っていることが分かります。マンション管理会社はマンションの管理組合が直接家賃の集金や管理、更新や解約手続き、入居者の募集やクレームの処理、清掃・補修・点検作業などの管理を行ったりすることには無理があり管理料を支払って委託するほうが確実かつ効率的となりメリットとされます。

マンション管理は収益性にも波がある不動産業界の中にあって比較的に景気に左右されず収益の安定性を持つという特徴を持っています。大規模な設備投資も必要なく人件費も管理する戸数に応じて増やせるといった経営リスクが少ないことはよく知られています。マンション管理会社ランキングに載っている会社における管理受託戸数は前年比で2%から3%の伸びを見せていて今後も増加することが見込まれます。リーマンショックで景気が落ち込んだ時期もあり、管理会社の統廃合が行われました。今後は少子高齢化や人口減少によってマンション管理会社ランキングの上位の会社もこれらの煽りを受けて統廃合が行われる可能性があります。マンション管理を委託する場合はマンション管理会社ランキングの内容をよく調べて選択する必要があります。